くるめ日曜市をやろう!

魅力ある久留米を次世代に残すために、私たちが行なっている活動を報告します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

女性の会

昨夜はサリーチェ(Salice)でスローフードの女性の会に参加しました。
いつも建設的なYさん、どこまでも包容力のあるSさん、あこがれのTさん、、どなたと話してても楽しいし、いろいろ気づかせてもらえます。

こんなにすごい人が久留米には沢山いるって事が嬉しいなあ~

ところですえつぐ自然農園の野菜と、森光牧場の豚さん、絶品でした。
ごちそうさまでした!!

20091119204451.jpg
20091119212039.jpg



スポンサーサイト
2009/11/20(金) 19:07:22 活動の紹介 トラックバック:0 コメント:1

六ツ門にてアンケート調査の実施

今日は六ツ門のみんくるさん周辺での聞き取りアンケート調査を行いました。
一件ずつまわってるので、膨大な時間が。。
ま、しょうがないですね。
半日かかってやっと10数件。
10回やれば100オーバーが集まるさぁ

今日も新しい出会いを頂きました。

ますます楽しくなってきたぞ~~
商店街の皆様じゅんぐり行きますので、ご協力の程宜しくお願い致します!!


アンケートの内容

  くるめ日曜市に関するアンケート調査

1、 アンケートにお答え頂く方の
年齢 性別 職業 居住地


2、 久留米の主要道路上で観光地となりうる大規模の産直市を計画しています。
開催場所としてどこがいいと思いますか?
明治通り  / 通町  / JR駅前  / ブリヂストン通り
その他(          )

3、 開催頻度としてどの程度のペースがいいですか?
 毎週 / 月1回 / 年2-3回 / 年1回

4、 何を期待しますか? (複数回答可)
 野菜 / 苗、植木 / 絣、工芸 / 美術品 / グルメ
  その他(           )

5、 食料品を買う場合、何を基準に選びますか?順位をつけてください。
新鮮さ(  )/値段の安さ(  )/安全性(  )/季節のもの(  )

6、地元で採れる野菜や果実についてどのようなイメージがありますか?
新鮮さについて   新鮮 / どちらともいえない / 新鮮ではない
安全性       安全 / どちらともいえない / 安全ではない
値段        安い / どちらともいえない / 高い

7、 あなたのお勧めの久留米の見所や産物を教えてください。



8、 この企画についてご意見をお聞かせください。



出店希望の方は裏へ→

くるめ日曜市開催時に出店に関する情報を送付致しますので、ご連絡先を記入下さい。
※ この情報は上記目的以外には使用致しません。

会社名
担当者


住所

〒   ―    

電話

FAX

E-mail



ご協力頂きありがとうございました!
2009/10/29(木) 22:53:35 活動の紹介 トラックバック:0 コメント:2

prologue 2-くるめ日曜市の経済効果

折角調べたので、お金の話について、ちょと難しい話を書きます。
おっきい字のとこだけでもいいので、さら~っと目を通してみてください。

1.経済波及効果の検討
(1) くるめ日曜市の開催による経済効果
 くるめ日曜市は高知県高知市内で開催される日曜市をモデル事業としている。 高知日曜市を訪れる来場者は年間80万人、うち市内客は55%、市外県内客が8%、高知県以外の四国18%、その他20%の割合となっており、主として地域住民の台所として活用されている他、遠方からわざわざ足を伸ばして買い物をする観光客も多い。

 平成17年に高知市が行なった調査によると、その経済波及効果は市場での直接の売り上げが年間で16億円、1店舗あたり平均360万円に達し出店者の生活を支えている。
 更に出店者自身の消費なども含めると、日曜市単独の年間経済波及効果は23億7500万円に達し、観光を目的とする県外客による周辺への経済効果は宿泊費や交通費、土産費など104億9600万円にのぼり、直接の売り上げとあわせて合計約130億円の経済効果をもたらしていると試算された。


 久留米市においては、道の駅くるめの開店時に1日にして2万人の集客が報じられ、地域住民及び周辺からの産直市への期待度の高さは十分にある。 道の駅くるめは今年の夏に1周年を迎え、これまでの来客数は平日が約1200人、休日は2000~2500人にのぼり、開店した昨年5月末から今年3月までの直売所の売り上げは、目標としていた4億円に到達したと報じられた。 しかしながら道の駅くるめは立地が郊外型であるため自動車の利用客にとって利点が多いが、公共交通機関でのアクセスは不便で、高齢者や町中居住の住民にとってやや利用しづらいといった声もよせられている。 中心市街地での産直市の開催は地域住民にとっても、生活に密着したニーズに応えることができ、生産者にとっても自家用車を利用しないで買い物をする新たな顧客層を開拓することができる。 ちなみに高知日曜市への交通手段はマイカーが4割、その他公共機関や徒歩、自転車等の利用が6割であった。
 人口による比率を比較すると、高知市の人口は約33万人、久留米市の人口は約30万人であり、町の構造の非常に似通ったものがある。 人口比によるマーケティングの試算は、久留米市はアクセス30分圏内に、北方は250万人の人口を擁する福岡市、また周辺の筑後地域においては80万人の生活人口を数えるように、潜在的に莫大な需要を抱えていると言えよう。 
 今回我々が計画した第1回目の社会実験において、来場者の予測は3000人である。
全て近隣地域からの顧客として、一人当たり1500円の買い物をすると、9回の開催で直接的に4000万円の経済効果となる。

(2) 出店者による経済効果
 郊外からの出店者が定期的に中心市街地へと足を運ぶことによって、出店者自身の消費という効果も同時に波及する。高知市のケースにおいては街路市の売り上げは出店者自身の消費も含めると16億円の1.5倍の23億円になると試算されている。また直接の街路市での消費のみならず、生活用品やついでの買い物などこの需要を満たすために新たな生産が誘発される。

(3) その他の市民活動による効果
 もともと駅前には多くの人の出入りが多く、各種イベント等も盛んに開催されている。
来客者の最大の目的が街路市、或いはイベント等ではないにしても、活気と人の流れは新たな回遊域と地域の魅力を増幅させる効果がある。

(4) 施設整備にかかる効果
 街路市の開催は新たな施設の建設こそないものの、テントの配給や警備員等の需要を生み出し、生産を誘発することになる。 また飲食店などによる農産物のまとめ買いや遠方から買い付ける観光客は自宅へ直送できる配送サービスの利用が便利である。 高齢の出店者にしても朝夕の配送に配送業者による積み荷の上げ下ろし等のサービスを利用する方法も考えられる。

(5)中心市街地への効果
 くるめ日曜市について高知市をモデルにしていることは先に述べたが、その理由として市街地の構造が非常に近似していることもあげられる。 高知市は日曜市を開催する追手筋通りに平行に帯屋町商店街とひろめ市場が存在する。 日曜市での買い物の後の予定についてのアンケート調査では、約20%の人が帯屋町或いはひろめ市場等の併設した施設に行くと答えた。年間あたり80万人、1回開催に換算して約1万4000人がこの産直市に購買意欲を持って訪れる。
現在休日の1日の通行量が2万人以下となったアーケード街にとっては、新たな顧客を開拓するチャンスとなる。

(6) 税収効果
 生産誘発に伴い、企業や雇用者の所得が増加することから、これに係る収益関係税の増収が見込める。

2009/07/14(火) 01:35:33 活動の紹介 トラックバック:0 コメント:2

prologue 1-くるめ日曜市 活動のきっかけ

私が2008年の春にくるめに移り住んでから今1年になります。
本職は歯医者です。
福岡市に15年間住んでいましたが、10年程前から聖マリア病院の仕事の手伝いで久留米には月に何度か来ていました。
しかし、ここ数年みるみるうちに西鉄駅前の元気がなくなってきて、ちょっと気になっていました。

2008年の年初のころ、縁あって久留米で独立開業する計画を進めているときに、地元の人と話をする機会がありました。
どんな土地も住めば都だと思うのですが、なんと地元の人から「もう久留米はダメ、なんで久留米に来ると?」という意見を度々聞く機会があり、その度にとても残念な思いがしてなりませんでした。

こんなに沢山住んでる人がいて都会なのに、いろんな作物も採れる土地なのに、どうしてだろう?何か手だては無いのだろうか?
国が悪い、市政が悪いと聞くけれども、自分たちで出来る事はないのだろうか?

そんな時、高知で運命の出会いをしました。
高知の日曜市です。
なんと、高知市内の中心地では、
毎週日曜日に久留米の明治通り程の道路を片側封鎖して歩行者天国にし、そこに終日の産地直送市がでるんです。
そこへ陳列した野菜の瑞々しさ、
まるで有田の陶器市のような歩いてさるくことの楽しさ、
現地の方々とのふれあいの温かさ、
全てのものが目からウロコ!
私は衝撃を受けるとともに、思いました。
これなら人々の生活に密着し、流行り廃りもなく、子どもからお年寄りまで楽しめる。
福岡市では出来ないけれど、久留米ならできる!
くるめを救うのはこれしかない!!
食料問題を抱えた日本では今に全国各地で必要になるに違いない!!!(ちょっと大げさ?)
そう感じた私は少しづつ高知日曜市の資料を集め、勉強を始めました。
2008年春のことです。

高知日曜市


トマト


野菜


2009/07/13(月) 18:38:40 活動の紹介 トラックバック:1 コメント:8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。