くるめ日曜市をやろう!

魅力ある久留米を次世代に残すために、私たちが行なっている活動を報告します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

prologue 2-くるめ日曜市の経済効果

折角調べたので、お金の話について、ちょと難しい話を書きます。
おっきい字のとこだけでもいいので、さら~っと目を通してみてください。

1.経済波及効果の検討
(1) くるめ日曜市の開催による経済効果
 くるめ日曜市は高知県高知市内で開催される日曜市をモデル事業としている。 高知日曜市を訪れる来場者は年間80万人、うち市内客は55%、市外県内客が8%、高知県以外の四国18%、その他20%の割合となっており、主として地域住民の台所として活用されている他、遠方からわざわざ足を伸ばして買い物をする観光客も多い。

 平成17年に高知市が行なった調査によると、その経済波及効果は市場での直接の売り上げが年間で16億円、1店舗あたり平均360万円に達し出店者の生活を支えている。
 更に出店者自身の消費なども含めると、日曜市単独の年間経済波及効果は23億7500万円に達し、観光を目的とする県外客による周辺への経済効果は宿泊費や交通費、土産費など104億9600万円にのぼり、直接の売り上げとあわせて合計約130億円の経済効果をもたらしていると試算された。


 久留米市においては、道の駅くるめの開店時に1日にして2万人の集客が報じられ、地域住民及び周辺からの産直市への期待度の高さは十分にある。 道の駅くるめは今年の夏に1周年を迎え、これまでの来客数は平日が約1200人、休日は2000~2500人にのぼり、開店した昨年5月末から今年3月までの直売所の売り上げは、目標としていた4億円に到達したと報じられた。 しかしながら道の駅くるめは立地が郊外型であるため自動車の利用客にとって利点が多いが、公共交通機関でのアクセスは不便で、高齢者や町中居住の住民にとってやや利用しづらいといった声もよせられている。 中心市街地での産直市の開催は地域住民にとっても、生活に密着したニーズに応えることができ、生産者にとっても自家用車を利用しないで買い物をする新たな顧客層を開拓することができる。 ちなみに高知日曜市への交通手段はマイカーが4割、その他公共機関や徒歩、自転車等の利用が6割であった。
 人口による比率を比較すると、高知市の人口は約33万人、久留米市の人口は約30万人であり、町の構造の非常に似通ったものがある。 人口比によるマーケティングの試算は、久留米市はアクセス30分圏内に、北方は250万人の人口を擁する福岡市、また周辺の筑後地域においては80万人の生活人口を数えるように、潜在的に莫大な需要を抱えていると言えよう。 
 今回我々が計画した第1回目の社会実験において、来場者の予測は3000人である。
全て近隣地域からの顧客として、一人当たり1500円の買い物をすると、9回の開催で直接的に4000万円の経済効果となる。

(2) 出店者による経済効果
 郊外からの出店者が定期的に中心市街地へと足を運ぶことによって、出店者自身の消費という効果も同時に波及する。高知市のケースにおいては街路市の売り上げは出店者自身の消費も含めると16億円の1.5倍の23億円になると試算されている。また直接の街路市での消費のみならず、生活用品やついでの買い物などこの需要を満たすために新たな生産が誘発される。

(3) その他の市民活動による効果
 もともと駅前には多くの人の出入りが多く、各種イベント等も盛んに開催されている。
来客者の最大の目的が街路市、或いはイベント等ではないにしても、活気と人の流れは新たな回遊域と地域の魅力を増幅させる効果がある。

(4) 施設整備にかかる効果
 街路市の開催は新たな施設の建設こそないものの、テントの配給や警備員等の需要を生み出し、生産を誘発することになる。 また飲食店などによる農産物のまとめ買いや遠方から買い付ける観光客は自宅へ直送できる配送サービスの利用が便利である。 高齢の出店者にしても朝夕の配送に配送業者による積み荷の上げ下ろし等のサービスを利用する方法も考えられる。

(5)中心市街地への効果
 くるめ日曜市について高知市をモデルにしていることは先に述べたが、その理由として市街地の構造が非常に近似していることもあげられる。 高知市は日曜市を開催する追手筋通りに平行に帯屋町商店街とひろめ市場が存在する。 日曜市での買い物の後の予定についてのアンケート調査では、約20%の人が帯屋町或いはひろめ市場等の併設した施設に行くと答えた。年間あたり80万人、1回開催に換算して約1万4000人がこの産直市に購買意欲を持って訪れる。
現在休日の1日の通行量が2万人以下となったアーケード街にとっては、新たな顧客を開拓するチャンスとなる。

(6) 税収効果
 生産誘発に伴い、企業や雇用者の所得が増加することから、これに係る収益関係税の増収が見込める。

スポンサーサイト
2009/07/14(火) 01:35:33 活動の紹介 トラックバック:0 コメント:2
<<prologue 3-高知への視察(1) | ホーム | prologue 1-くるめ日曜市 活動のきっかけ>>

コメント

納得!

最初は思いつきでも、きちんとしたリサーチと考察された内容に感服。
絵空事では終わらない(終わらせない)気合が伝わってきます。
おばちゃん達も後方支援がんばるたい!
  1. 2009/07/15(水) 16:38:29 |
  2. URL |
  3. ふくわうち #F1BIe3jY
  4. [ 編集]

Re: 納得!

読んでいただきありがとうございましたv-347

8月の月末一緒に高知行きませんかー?

百聞は一見にしかずというので。

食いしん坊の私の頭の中は既に食べる計画でいっぱいです。。
  1. 2009/07/16(木) 01:07:35 |
  2. URL |
  3. カリブロ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sundaykurume.blog47.fc2.com/tb.php/2-21ecc8f8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。